一度できると大変、気になる埋没毛

自己処理をしたことのある人の多くが気になっているのが、お肌の下に埋もれてしまった黒い毛の存在です。

 

無駄毛が気になり始めた年齢から、毛抜きやカミソリ、除毛クリームと色々な脱毛をしていますが、気づいた時にはどうやっても処理をすることのできない埋没毛が1本や2本あるものです。

 

これは一旦出来てしまうと皮膚を破って引っ張り出しても、また次の毛が埋没毛になってしまう可能性も高くなります。

 

自己処理で肌表面を傷つけてしまうとその部分の角質が分厚くなってしまいます。いつもは毛穴から出てきていた無駄毛はこの厚くなった角質にフタをされて行き場を失ってしまうのです。

 

素足でスカートやホットパンツを履きたいと思っても、すねなど目立つ部分に出来やすく悩みの種になってしまいます。この埋没毛ですが、できやすい人の場合は自己処理を繰り返すほどに悩まされる悪循環に陥ってしまいます。

 

なんとかしようと自分でほじくることで更にお肌に傷を作れば埋没毛はどんどん増えることになります。

 

この対策としてはこれ以上埋没毛を作らないために自己処理をやめることが一番ですし、医療レーザー脱毛のような埋没毛にも効果のある脱毛方法で施術することで少しずつ改善することができます。

 

慌てて自分でなんとかしようとするのではなくて、埋没毛になってしまって悩んでいる時にはクリニックで相談するのが一番ですね。